京都府向日市の「うらさき鍼灸院」です。阪急東向日駅西口すぐ。肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛・自律神経失調症など、お気軽にご相談ください。
ブログ

自律神経

良いセルフイメージが健康を取り戻すカギになる

症状のことばかり考えていると、悪化することがある 例えば痛み。痛みは本来は危険信号ですから、そこに意識が向くことは自然なことです。しかし、そのことばかり考えていると、脳は次第に「あー、痛みにそんなに興味あるんなら、痛みを …

イメージトレーニング

痛みの「波」はなぜ起こるのか?

血行不良の原因を逆上って考える 痛みが大きくなったり、ぶり返したりすることがあります。 初診でお話をうかがうと、日によって痛み方には波がある、という例が多くあります。もしくは、治療して痛みが楽になった後で、またぶり返して …

腰痛の画像

冷えの改善に鍼灸の効果

今年も残すところ、あと少しとなってきました。今年、治療で印象に残っているのは、冷えに対する治療がよく成果を上げたことです。 冷えは、肩こりに並んで、非常にありふれた症状ではありますが、自律神経・免疫と非常に関わりが深く、 …

こむら返りの対処

運動しているときや夜に眠っているとき、急にふくらはぎに痛みが走る「こむら返り」。腓腹筋という筋肉が引きつって起こる症状です。冬になると、こむら返りを起こしやすくなります。 原因の一つは足の疲労です。筋肉は疲れがたまってく …

夜間痛の原因と鍼灸治療

今日は夜間痛についてです。 日中は平気か、痛みがあってもガマンできる程度なのに、夜になると痛みが強くなって眠れない。それが夜間痛です。 夜間痛がなぜ起こるのか、詳しいメカニズムはまだ分かっていません。しかし、ひとつ言える …

ツボという反応

鍼灸治療は、ツボ(経穴)を刺激して心身のバランスを整える治療法です。 体調がすぐれないとき、必ず自律神経の働きには乱れが生じています。自律神経の乱れは、体の様々な働きに異常を起こしますが、体の中だけでなく表面にも変化を起 …

パニック発作に対処する方法

パニック障害では、パニック発作の際に強い交感神経の興奮が起こります。しかし、実は日常的に過緊張ぎみになっていることが多くあります。普段から緊張をしていることに気づき、リラックスすることで発作は起こりにくくなっていきます。 …

パニック障害と広場恐怖

前回、前々回、と、パニック発作について書きました。 こうしたパニック発作が繰り返し起こり、また発作を繰り返すのではないかと不安が強くなると、パニック障害と診断されます。 パニック障害では、必要ないときに交感神経の興奮が起 …

パニック発作とは その2

前回の続きです。 前回はパニック発作について、交感神経の働きから説明しましたが、アメリカ精神医学会の診断基準では以下のようになります。 パニック発作とは、突然激しい恐怖、または強烈な不快感の高まりが数分以内でピークに達し …

パニック発作とは

今日はパニック発作についてです。 例えば、山道を歩いていて、突然クマに出くわしたとしましょう。大変な恐怖を感じるわけですが、このとき体には様々な変化が起こります。 まず呼吸が速くなります。速くなりすぎて過呼吸を起こすこと …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © うらさき鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.