京都府向日市の「うらさき鍼灸院」です。阪急東向日駅西口すぐ。肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛・自律神経失調症など、お気軽にご相談ください。

院長紹介

  • HOME »
  • 院長紹介

浦崎靖博

浦﨑靖博
(うらさきやすひろ)
昭和52年9月7日生まれ
鍼灸師 (国家資格・厚生労働省)
はり師137597号、きゅう師137412号
(公社)日本鍼灸師会
(公社)京都府鍼灸師会 青年部・副部長

仏眼理療学校卒 経絡治療を中心に積聚治療・中医学などを学ぶ。
鍼灸整骨院勤務、出張治療を経て2007年に開業。
京都府鍼灸師会では理事を経験。

自己紹介

こんにちは、浦﨑です。

向日市で開業して11年。
患者さんに元気になっていただきたい、その一心で治療に励んでいます。

私が鍼灸師を志したのは、長年続けてきた太極拳がきっかけです。そこから気や陰陽という東洋的な概念を知り、鍼灸治療に興味を持つようになりました。

逆もまた真なり

私の好きな言葉です。

物事は、ある一面から見るだけでなく、いろいろな角度から見ないと全体をつかめません。逆の視点、逆の発想を持つことはとても大切です。
医療でいえば、東西両方の視点が必要ということですね。

バセドウ病の実体験

鍼灸学校に通っていた頃の話です。朝目が覚めたら、身体に力が入りませんでした。かろうじて腕は持ち上がるのですが、
布団を払いのけるのも、寝返りを打つのも困難です。まさか、この歳で脳卒中にでもなったかと真っ青になりました。

根性でベッドから抜け出し、文字通り這うようにして病院へたどり着きました。しかし、そこでは「反射も正常ですし、原因不明ですね」と言われただけでした。
この時の気持ちは言葉になりません。ガックリと肩を落とし、フラフラと帰宅しました。半日ほどして力が入るようになりましたが、この症状はその後何度も起こりました。

病名が分かったのは半年後のことです。健康診断で甲状腺の腫れを指摘され、精密検査の結果、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)による弛緩性麻痺と判明しました。
この病気は男性には少ないため、よく見過ごされるのだそうです。治療もうまくいき、ほどなく症状も治まりました。見つけてくれた先生には本当に感謝しています。

今では私も鍼灸師として、患者さんを診る立場です。小さなサインも見落とすまいと、真剣に治療に取り組んでいます。お体のことで不安な点がありましたら、何でもご相談ください。

京都府鍼灸師会での活動

研修会の修了証(一部)
研修会の修了証

2017年10月29日
鍼灸実務講座 講師
京都府鍼灸会館にて
テーマ:腰痛の鍼灸治療
鍼灸実務講座2017

2017年5月21日
鴨川チャリティーラン ボランティア活動
鴨川チャリティーラン2017

2016年11月13日
鍼灸実務講座 講師
京都府鍼灸会館にて
テーマ:東洋医学の考え方と使い方
鍼灸実務講座2016

2010年9月20日
研修懇親会「治療院見学会 うらさき鍼灸院」 講師
テーマ:陰陽論の考え方と使い方
治療院見学会

2009年11月10日
ガラシャ祭り 京都府鍼灸師会ブース出店
ガラシャ祭り2009


施術料金

アクセス

予約方法
PAGETOP
Copyright © うらさき鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.