京都府向日市の「うらさき鍼灸院」です。阪急東向日駅西口すぐ。肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛・自律神経失調症など、お気軽にご相談ください。

Q & A

よくあるご質問

鍼(針)は痛くない?

鍼というと、注射のようなものをイメージされる方が多いと思います。 鍼灸治療で使う鍼は、髪の毛くらいの細さで、拡大して見ると先が丸くなっています。 これを、鍼管という器具を使ってやさしく刺入しますので、ほとんど痛みはありません。

鍼による感染の心配は?

当院の鍼は、全て使い捨てのディスポーザブル鍼ですので感染の心配はありません。 その他の器具もオートクレーブで滅菌処理していますのでご安心下さい。

お灸でやけどの痕は残りませんか?

当院では、お灸の痕が残らないよう、お灸をするときは原則的に灸点紙の上で行います。

鍼とお灸はどう違うの?

鍼は自律神経の調整に向いており、お灸は免疫を高めるのに向いています。効果が重なっている部分もありますが、筋肉のこりには鍼が適していますし、冷えているときには灸で温めるのが効果的です。

治療後、お風呂に入っても大丈夫?

治療後のお風呂は、2時間ほど空けてからお入り下さい。

治療を受ける時、服装は?

当院では、鍼灸専用の患者着(フリーサイズ)をご用意しております。 ご自身で準備していただける場合は、肩口の広いもの、ヒジやヒザを出しやすいものをご用意いただけるとスムーズです。

病院で治療を受けていても、鍼灸を受けて大丈夫ですか?

鍼灸は補完代替医療といわれます。病院ではカバーできない分野を補う、時に第二の選択肢にもなりえる医療という意味です。 病院の治療と並行してご利用いただけるケースは多くあります。気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

健康保険は使えますか?

現行の制度では、鍼灸で保険を使うと、その疾患において医師の治療を受けられなくなります。 また、保険治療が認められている疾患が6つだけである、保険の支払いに応じない保険者が存在する、などの問題もあります。 こうした理由から、当院では自由診療のみとさせていただいております。

治療時間はどのくらいですか?

ケースバイケースですが、初回80分、2回目からは60分を目安にお考えください。

週に何回くらい通えばいいですか?

ケースバイケースですが、週に1回の間隔で治療することが多いです。 急性期の場合は週2回に増やす場合もあります。予防・健康増進を目的とする場合は月に1回程度が目安となります。

どのくらいの期間通えばいいですか?

これも症状によりけりで一概にはいえません。しかし一部位の痛みの場合ですと、大半の方が1ヶ月以内に完治しており、 数ヶ月以上治療を続ける必要のある方は1割未満です。

ブログカテゴリー:Q&A

お電話お待ちしております。 TEL 075-932-7241 10:00~13:00
15:00~20:00
休診日:木日祝

予約時間電話

診療カレンダー

腰痛特集
PAGETOP
Copyright © うらさき鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.