京都府向日市の「うらさき鍼灸院」です。阪急東向日駅西口すぐ。肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛・自律神経失調症など、お気軽にご相談ください。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

背骨は椎骨という骨が縦につながってできています。その椎骨と椎骨の間にあるクッションを椎間板といい、その椎間板が横に膨らんだり飛び出したりしたものを椎間板ヘルニアといいます。ヘルニアは飛び出すという意味です。

こう書くと、椎間板が飛び出すなんて大変だと思われるかもしれません。しかし、椎間板ヘルニアはそんなに珍しい現象ではありません。これまで数多くの医学調査がされてきましたが、健康な人でも約76%に椎間板ヘルニアが見つかることが分かっています。ヘルニアがあるから病気というわけではありません。

痛みの治療で有名な加茂整形外科の加茂淳先生は、著書のなかで”「椎間板が神経を圧迫しても痛みは生じない」というのは、もはや医学的事実です。”と述べています。

手術が必要な椎間板ヘルニアはごく一部だけ

椎間板ヘルニアで手術が必要になるのはほんの3%程度です。ほとんどのヘルニアは心配いらない安全なもので、例えるなら顔のシワのようなものです。

椎間板ヘルニアで手術が必要になるのは、マヒ症状が現れている場合です。例えば、腰の馬尾神経が障害されると、足を引きずるように歩いたり、サドル麻痺(肛門周囲の感覚がなくなる)や排便・排尿障害などが現れます。この場合は、手術が必要になります。

上記のようなマヒ症状がない場合は、たとえ痛みやしびれがあっても、心配のいらない安全なヘルニアといえます。

痛みやしびれの原因は血行不良

腰が痛かったり、足がしびれたりする症状ですが、その原因は何といっても血行不良です。足腰の筋肉がガチガチに固まって、血行が悪くなってしまっているのが一番の問題です。

当院ではこれまで、椎間板ヘルニアと診断された方を何人も治療していますが、一様に腰や足の筋肉が固くなっています。この固い筋肉をほぐすと血行が改善して痛みもやわらぎます。

足のしびれも同様に血行不良です。知覚神経は、血行が悪くなるとしびれを感じるようになります。血行不良を改善すれば、しびれもおさまります。

椎間板ヘルニアの鍼灸治療

痛みやしびれの原因は血行不良ですが、なぜ血行不良が起こるのかというと、ストレス等の影響で自律神経が乱れているからです。自律神経を整えるには、鍼灸が最も優れています。

脈診でバランスの乱れを確認して、手足や背中に鍼(はり)をすることで、自律神経を整えます。その上で、血行不良を起こしている部分に刺激をして、痛みやしびれをやわらげます。治療の期間は1~3ヶ月。治療間隔は週に1度ほどです。

もし椎間板ヘルニアでお悩みなら、当院の鍼灸治療をご検討ください。全力でサポートいたします。

お電話お待ちしております。 TEL 075-932-7241 10:00~13:00
15:00~20:00
休診日:木日祝

予約時間電話

診療カレンダー

腰痛特集
PAGETOP
Copyright © うらさき鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.