京都府向日市の「うらさき鍼灸院」です。阪急東向日駅西口すぐ。肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛・自律神経失調症など、お気軽にご相談ください。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経は人体で最大の直径と長さを持つ末梢神経です。第4・5腰神経および第1~3仙骨神経が束になったもので、腰から臀部を通り下肢の後面を走っています。この坐骨神経の支配領域に、何らかの原因で痛みが生じたものを坐骨神経痛といいます。

坐骨神経イメージ

坐骨神経痛の原因

これまで坐骨神経痛は椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症などにより、神経が圧迫を受けたために痛みやしびれが出ると考えられてきました。ところが、近年になって研究が進み、神経の圧迫だけでは坐骨神経痛を説明できなくなってきています。

1995年の比較的新しい研究では、痛みもしびれもない健康な成人をMRIで調べたところ、76%に椎間板ヘルニア、85%に椎間板変性が見つかりました。なぜ、椎間板ヘルニアがあっても症状がないのかは分かりませんが、少なくとも画像診断だけで坐骨神経痛を知ることはできないことが明らかとなりました。

坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症の有無とは関わりなく治るケースが多いことも知られるようになりました。また、手術をしたとしても完全に解決するとは限らないことも明らかとなってきました。

こうした状況の中、坐骨神経痛の症状とストレスとの関係が注目されるようになりました。ストレスが強い人ほど治るのに時間がかかること。反対にストレスが少ない人ほど、治療の成績が良いことが分かってきています。痛みやしびれは患部だけに注目するのではなく、脳・心まで含めて考える時代に変わってきています。

坐骨神経痛でお困りなら、向日市・うらさき鍼灸院へご相談ください

坐骨神経痛に限りませんが、痛みやしびれといった症状は大きくその考え方が見直されつつあります。そうした最新の情報をふまえつつ、より良い鍼灸治療を行えるよう、さらなる研鑽を重ねて参ります。

もし坐骨神経痛でお困りなら、当院にご相談ください。

お電話お待ちしております。 TEL 075-932-7241 10:00~13:00
15:00~20:00
休診日:木日祝

予約時間電話

診療カレンダー

腰痛特集
PAGETOP
Copyright © うらさき鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.