京都府向日市の「うらさき鍼灸院」です。阪急東向日駅西口すぐ。肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛・自律神経失調症など、お気軽にご相談ください。

腰痛

腰が痛い女性

腰痛とは

腰痛には明確な定義はありませんが、腰(一番下の肋骨からお尻くらいまで)が痛い症状のことです。およそ8割の人が人生のどこかで腰痛になると言われていて、日本では5人に1人以上が腰痛をかかえています。

腰痛は病名ではありません。あくまで症状です。つまり、何か原因があって、その症状として腰が痛くなるというわけです。

腰痛は病院で検査を受けてもはっきりと原因を特定できないことが多く、その割合は85%になります。こうした大多数の腰痛を「非特異的腰痛」と呼んでいます。

ただし、ほとんどが原因不明の腰痛だからといって、一切が謎に包まれているというわけではありません。近年、腰痛の研究は飛躍的に進み、昔では考えられなかった新しい事実が次々と判明しています。

腰痛の最新事情

これまで腰痛は、捻挫・骨の変形・椎間板の異常といった、ケガや物理的な問題だろうと考えられてきました。しかし最近の研究では、腰痛は腰だけの問題ではなく、心と密接に関わっていることが分かってきています。例えば、ストレスはそれ単独で腰痛を引き起こしてしまうことが分かってきました。

また、従来からレントゲンやMRIといった画像診断によって腰の異常を調べていましたが、最近の研究では、画像診断だけでは腰痛があるかどうか調べられないことが明らかとなりました。現在では、骨に異常がなくても腰痛になる方がたくさんいることや、骨の異常とは関係なく腰痛が治っていくことも知られるようになりました。

腰痛治療の転換期

腰痛医療はこのように大きな転換期を迎えており、治療も大きく見直されている最中です。例えば、昔は急性腰痛(ぎっくり腰)では冷やすのがよいとされていましたが、実は温めた方が良いことが分かってきました。他にも、安静に横になってばかりだと、かえって治るまでに時間がかかってしまうことも分かっています。

腰痛の治療というと、これまで第一選択になっていたのは鎮痛剤でした。ところが、近年の研究で薬の効果はこれまで考えられていたほど強いものではないことが明らかとなってきており、なるべく薬を使わずに治療することが推奨されています。手術についても、腰痛の全ての問題を完全に解決するものではないことが指摘されるようになりました。

当院はこうした最新の腰痛研究を踏まえながら、より良い鍼灸治療を模索し続けて参ります。腰痛でお困りの方は、ぜひ当院にご相談ください。

ブログにて腰痛の記事を更新中

お電話お待ちしております。 TEL 075-932-7241 10:00~13:00
15:00~20:00
休診日:木日祝

予約時間電話

診療カレンダー

腰痛特集
PAGETOP
Copyright © うらさき鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.