京都府向日市の「うらさき鍼灸院」です。阪急東向日駅西口すぐ。肩こり・腰痛・五十肩・坐骨神経痛・自律神経失調症など、お気軽にご相談ください。

パーキンソン病

パーキンソン病の症状

静止時の振戦
何もしていないのに手足がふるえる

筋固縮
筋肉が固くなって、こわばる

寡動・無動
動きが鈍くなり、素早く動くことができない

姿勢反射障害
体のバランスがとれなくなり、転びやすい

その他
自律神経症状(便秘、起立性低血圧、発汗異常など)
精神症状(うつなど)

パーキンソン病の病態生理

パーキンソン病は、中脳黒質で作られるドーパミンが減ることによって起こります。また、中脳黒質にレビー小体がたくさんできることが分かっていますが、詳しいメカニズムは不明とされています。

パーキンソン病は難病指定されていて、進行性であり、いったん発症すると病気の悪化を完全に止めることは出来ません。しかしながら、病気の進行スピードを遅らせることはできます。

ホーン・ヤール重症度分類

Ⅰ度
左右どちらか片方の手か足に「静止時の振戦」「筋固縮」がみられる。

Ⅱ度
「静止時の振戦」「筋固縮」「寡動・無動」が左右両方の手か足にみられるが、まだ軽度。
姿勢の変化は見られるが、「姿勢反射障害」はない。

Ⅲ度
歩行障害、方向転換の不安定など、明らかな「姿勢反射障害」がみられる。
日常生活動作障害も進み、突進現象もみられる。

Ⅳ度
起立や歩行などが難しく、サポートが必要。労働能力は失われる。

Ⅴ度
立つことも不可能で移動には車椅子が必要。ほとんど寝たきりになる。

パーキンソン病の鍼灸治療

パーキンソン病の症状のうち、手足のふるえについては病院のお薬でコントロールできるとしても、身体のこわばりや動きにくさ、その他の症状など、お困りの点は多いことでしょう。

パーキンソン病の患者さんで特徴的なのが、首のこりです。通常の肩こりとは比較にならないくらい、首の筋肉がこり固まってしまいます。

これを鍼灸で緩めるわけですが、一つ注意点があります。結果を焦らないことです。鍼灸は筋肉をゆるめる効果がありますが、パーキンソン病の場合、はっきり効果が感じられるまで少々時間がかかります。まずは、5回くらい治療を受けていただいて、変化があるかを見て下さい。

次に、歩きにくさです。パーキンソン病では、首だけでなく、背中・腰から足にかけても筋肉のこわばりが出るため、歩きにくいという問題があります。これも、首と同様に、鍼で筋肉の緊張をやわらげることで対処します。

その他、精神症状・自律神経症状についても、全身治療によって改善をはかります。パーキンソン病では交感神経が優位になっていて、ドーパミンは少なくなります。これを副交感神経優位にするのに、鍼灸は役立ちます。

パーキンソン病の治療では、短期的には今ある苦痛を軽減することに全力を上げます。その上で、5年後・10年後の、病気の進行を遅らせることが大きな目標になります。鍼灸を検討される際には、通いやすさも考慮してご判断ください。

お電話お待ちしております。 TEL 075-932-7241 10:00~13:00
15:00~20:00
休診日:木日祝

予約時間電話

診療カレンダー

腰痛特集
PAGETOP
Copyright © うらさき鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.