お尻が痛い場合、臀部痛という言い方もありますが、大きくは腰痛として扱われることも多いようです。腰の痛みと同時に起こる場合もよくあります。

お尻のどこが痛むのか?

お尻で痛くなりやすい場所は、臀部のやや上、尾てい骨、中央、大腿骨大転子の周辺です。まれに坐骨結節の周辺が痛むこともあります。

お尻のやや上

中殿筋・大殿筋
お尻のやや上部には大臀筋、中殿筋といった筋肉があります。ここに筋硬結ができると、痛みの原因になります。

お尻の中央付近

梨状筋・坐骨神経
お尻の中央には、深いところに梨状筋という筋肉があります。ここが痛みの原因になることもあります。時折、近くを通る坐骨神経を障害してしまうことから、お尻だけではなく、足の痛み・しびれの原因になると考えられています。

尾てい骨

仙腸関節と梨状筋
尾てい骨に痛みが感じられる場合、原因は少し違った場所になります。仙腸関節付近に問題があると、尾てい骨が痛いと感じるケースが多くなります。

大腿骨大転子

大転子
太ももの骨が出っ張ったところです。多くのお尻の筋肉が付着するところで、この周辺が痛みを起こすことがあります。

坐骨結節

坐骨結節
坐骨結節はイスに座った時に体重を支える部分であり、大腿後面の筋肉が付着する部位でもあります。ここも痛みを起こすことがあります。

いずれにしても、お尻周りの筋肉が痛みの原因になることが多いということですね。

なぜ筋肉が痛むのか?

お尻の痛みも、腰の痛みと同様に、筋肉に問題が起きて痛みが出てきます。筋肉の引きつり、血行不良、硬結(固いしこり)などです。

根を詰め過ぎたり、ストレスの多い生活をしていると、自律神経のバランスが交感神経優位に傾きやすくなります。すると、呼吸が浅くなり、酸素を取り込む量が減ります。血流は悪くなり、筋肉の緊張は高まります。この状態が長引けば長びくほど、痛みが起こりやすくなります。

しびれがある場合は、ちょっと時間がかかるかもしれません

こうした筋肉系の痛みは基本的には治ります。ただ、しびれが出ている場合は少し時間がかかることがあります。参考になる数字を一つ挙げるとすると、お尻から足にかけて痛みやしびれが出る、いわゆる坐骨神経痛は6週間で50%の方が自然治癒するといいます。ガマンできる範囲であれば、焦ることはありません。ちょっと疲れが溜まっていたのかな、と思っておくくらいでもいいでしょう。

ただ、6週間というのがちょっと長いと感じる方もいらっしゃるでしょうし、痛みが強くて生活に影響が出てしまうこともあるでしょう。もしくは、6週間経っても治らないケースもあるかと思います。そのような場合は、医療を利用されるのがいいでしょう。

よくないのは、慢性化してしまった場合です。痛みが3ヶ月以上続いたものを慢性痛といいますが、こうなると痛みは治りにくくなる傾向があります。そうなっても2~4年くらいのスパンでゆっくりと改善していくのですが、さすがに長くかかりますし、中にはこじらせて悪化してしまう場合もあります。

様子を見るのは6週間ぐらいまでにして、そこからは治療を検討されるのがいいでしょう。

当院の臀部痛治療

当院は鍼灸治療を専門にしています。特に筋肉の痛みには鍼(はり)がよく効きます。鍼をすると、その場で痛みが軽減することは珍しくありません。

お尻の痛んでいる筋肉に鍼をすることで、鎮痛効果、血行改善、緊張緩和などの効果が得られます。また、東洋医学に基いて、体にたまった疲労・ストレスを軽減します。それにより、再発しにくい状態を目指します。

お気軽にご相談ください。